吉原遊郭の歴史

yosiwara

風営法改訂の影響受けて数が激減したソープランド街ですが、現在でも現存している地域はあるため訪れて遊ぶことができます。
そのソープランド街の中でも特に規模が大きいのが吉原であり、風俗通であれば誰もが存じているソープで有名なエリアです。
吉原は東京都内のソープの多くを占めており、激安店から高級店まで立ち並んでいます。
特に高級店は1度の入浴料金が10万円以上する店ばかりであるため、遊ぶのであれば相応の手持ちが必要となります。
クオリティは全国でも右に出るエリアはないレベルであり、男性であれば一生のうち一度は体験しておきたいソープ街です。
また吉原はかつて遊郭であった歴史を持っており、現代でもソープが人気のエリアであると納得できる内容です。
江戸時代から存在していたとも言われ、その時には日本橋人形町に存在していました。
幕府公認の遊郭であったのと同時に江戸中の遊女を集めたことから、当時の時点で既に大規模な遊郭となっていました。
しかし、1657年に起こった大火事によって日本橋人形町の遊郭は消滅しました。
この際に吉原を別の場所に新しく作り直すことが決定し、その場所が現在の吉原のエリアとなっています。
吉原大門と呼ばれる遊女の逃亡を防ぐための門もこの時代に作られ、明治時代までその役割を担っていました。
現在では吉原神社が吉原遊郭と深い関係を持っており、この神社は現代でも見ることが可能となっています。
遊郭との関係は、1922年に発生した地震で逃げ遅れた遊女が郭内にあった池に飛び込んだことが理由です。
そのため逃げ遅れた遊女を鎮めるために造られたと言われています。
吉原は遊郭として100年以上の歴史を持ち、これからも全国一のソープ街として多くの方から支持されていきます。
男の夢とロマンが詰まった街、吉原は今でも伝統と伝説を作り続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る