風俗業界が儲かる訳

moukaru

風俗業界が儲かる理由として最も大きいのは需用が尽きないことが挙げられます。
人間の3大欲求は食欲、睡眠欲、そして性欲であると言われています。
個人によって欲求の優先度は異なってきますが、男性であれば性欲は無視できない欲求となっています。
したがって極論ですがこの世に男性が存在している限り風俗業界が廃れることはありません。
風俗があるのでお金さえあれば性欲が解消でき、世の中の男性からは求められている業界となっています。
次に風俗嬢さえ確保することができれば風俗店を始められることです。
実は開店するのは非常に簡単であり、警察に必要な書類を提出して認められれば即座に経営が可能となっています。
店舗に関してはデリヘルなどの派遣型であれば用意する必要はなく、その気になれば自宅で始めることもできます。
よって用意するものは電話番号と派遣型であれば車だけで済みます。
そして元手とも言える女性はお客様にサービスを行っても消費されることはありません。
もちろん相応の報酬として給料を渡すのは当然ではありますが、店を辞めない限りはお客様に接客をして稼ぎ続けてくれます。
つまり元手を失わずに利益を得ることができるも同然であり、ここが風俗業界が儲かっている理由に繋がります。
また、儲かれば風俗嬢に対してのバックを増やすことができるため、高収入に惹かれて可愛い子が入店してくれることになります。
ランキング上位に入っている風俗店はまさにこの循環が発生しており、可愛い子が多いのは儲かっている証拠とも言えます。
以上のような要因があり風俗は儲かる業界となっています。
現在でも非店舗の派遣型風俗は増加し続けているため、この先も儲かっている業界の例として挙げられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る