オールヌードとセミヌードの違いは?

nodetigai-thume

nodetigai

簡単に言うと全裸と半裸

オールヌードとは、全裸になっている状態を指しフルヌードと呼ばれることもあります。
それに比べセミヌードは半裸になった状態で、雑誌やポスターを見てみてもどちらかというとよく登場するのはセミヌードのほうです。

公衆の目や子どもの目を気にする場では刺激の強いオールヌードは控えられることもあります。
写真のほうが静止しているため、違いを理解するときはイメージしてもらいやすいかもしれません。
これが風俗店の場合、オールヌードかセミヌードかは業種によって決まってくることがあります。

風俗の業種で分けると

ソープランド・ファッションヘルス・ホテヘル・デリヘルなどの業種ではオールヌードになった女の子がサービスをしてくれます。
セミヌードかそれに近い姿となるとエステマッサージなどハンドサービスを提供する業種で見られるようです。
しかし、その場合セミヌードというよりもトップレスという言葉が使われることが多くなっています。

区別するなら

このふたつの言葉の違いは乳首が見えるかどうかで変わってきます。
セミヌードのほうは乳首が見えない状態を指しますから、似ていてもトップレスのほうがより正確に実態を表しているといえます。
セミヌード姿に仕上がっている場合というのは女の子がコンパニオン紹介写真で登場するときや風俗サイトのモデルとして登場するときがその代表例です。
ですから、よく考えてみると風俗店を実際に利用しているときはセミヌードに出会うことはあまりないことに気がつくはずです。
お客様と女の子の間で何も垣根のようなものがない状態で遊ぶときは二人ともオールヌードになっています。
オールヌードは心も体も裸になった状態であり、いつまでも思い出が残る体験になるのもうなずけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る