風俗においてフリーで遊ぶ事の意味と解説

huuzokunioitehuri-

フリーの意味って??

ただでさえ専門用語の多い業界なのですが、その意味を知ろうと思うと結構勉強をしなければなりません。「フリーで入った」という会話はよく聞かれるものですが、どのような意味かご存知でしょうか。
それは、遊ぶ女の子を自分で指名せずにお店の人が決めてくれることを指します。普通は決めてもらうものなんじゃないかと思いがちですが、案外フリーで入る人は少ないのです。
最近はネット社会が普及した影響で、事前に女の子についてある程度知ることが出来ます。顔写真はもちろんのこと、スリーサイズや性格、喫煙の有無まで把握することが出来ます。なのでこの女の子と遊ぶと決めて予約してから店頭に足を運ぶパターンが多いのです。

お茶引きとは??

ここでまた用語の解説をします。それは「お茶引き」という言葉です。お茶引きとは、お客様が一人もつかずにずっと待機している女の子のことを言います。フリーは、このお茶引きと深い関係にあります。
フリーでお願いすると、お相手になる女の子というのはだいたい法則があります。まず一つ目として、当然ですが当日予約が入っていない女の子があげられます。
そしてもう一つは本指名やネット指名などの、所謂指名が入りにくい女の子というパターンです。どうしてこのタイプの女の子達なのでしょうか、理由は簡単です。先ほど述べたお茶引きの女の子にならないようにする為のお店なりの工夫です。
お店側も雇っている以上しっかり稼いでもらいたいものです。しかし風俗は人気商売なので、お客さんがつかなければ稼ぎになりません。最低保証をしているお店もありますが、お客様が指名して遊んでくれたときの金額と比べたら微々たるものなのです。
でもここで一つ疑問がわきます。予約の入っていない人気嬢がもしかしたら当たるかもしれないという事です。しかし残念ながら当たることは少なそうです。なぜなら、トップクラスの女の子達は指名料で稼ぐという面も持ち合わせているので、フリーのお客さんには付きにくいからだそうです。
トップクラスの女の子と遊べる可能性を信じてフリーで入るという一か八かの賭けは負けるリスクが大きくなりそうなので控えておくのが無難でしょう。

フリーのメリット

しかし、フリーで入ることにはたくさんのメリットもあります。まずは料金がぐっと抑えられるという点です。指名料無料のお店も多いですがまだまだそこまで店舗数は多くはありません。どこも指名料2000円、本指名料3000円程度を取るお店が一般的です。
そこの料金を抑えることが出来るので、浮いた分のお金をとっておきのオプション代に回したりすることができます。
また、すぐに入ることができるので待ち時間がありません。今すぐ遊びたいんだと思ったり、時間が押してしまっている場合には非常にありがたいといえます。
何より思ってもみない当たりを引くことが出来るのもフリーならではの特権です。事前情報で練り固められた期待の塊で行くよりも、空っぽでいく方が案外楽しめるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る