罰金制度理論

bakkinnseidoriron

罰金制度って何?

風俗業界の一部の店舗では罰金制度が導入されています。罰金に課せられた女の子は解雇・減給の処分が下ります。
しかし、なぜ減給するような事をお店はしてしまうのでしょうか?

それはお店にも罰金制度を導入しないといけない理由があるからです。それが
安定しない風俗嬢の気まぐれ出勤です。

風俗店は夜の業界と言う事もあり、女の子達のモラルやマナーが出来てない子が非常に多いと言われています。

ギリギリ出勤・遅刻なんて当たり前・無断欠勤などする人がいるため止むを得ず職場でのマナーを作らざる負えないからです。

一般的な社会で例えてみましょう。会社に就職して遅刻したり、無断欠勤をしてしまったらどうでしょうか?

無断欠勤を一回しただけで会社からの信用されなくなり、上司に顔を合わせる事も難しいですね。

お仕事をしている以上は社会人としてのマナーを守って当然の事です。しかし、夜の業界で働いている女性達が一般社会的なモラルがない為、遅刻しても反省している人も少ないのが残念な現実です。

風俗店は女の子を商品として営業してますから、女の子が来なかったり、遅れてきたらお店側には損害が出てしまいます。勿論、利益にも影響が出てしまいますから経営者としては許せない事なのです。

罰金制度は女の子が社会人として健全に働かせるルールです。

罰金は違法じゃないの?

一般企業で働く際に遅刻や無断欠勤があると会社から罰則が課されるケースがあります。これは入社する時に説明されますし、契約書にも名前を書いています。それと同様に契約書に書かれている内容にサインした状態で罰金を受けるのは合法です。

但し、お店側はちゃんと契約書に労働省に提出して審査が通った上で正式な契約書として交わす事が可能になります。

ここで注意して頂きたいのが労働基準法では2つのルールが存在します。

①一回の罰金額が1日働いた額の半分を超えてはいけない。

②総額が支払期における賃金が10%以上に超えてはいけない。

要するに「遅刻したな!罰金5万円だ」なんて事はありません。

万が一、ありえない金額を減給されてしまったら偽った契約書の可能性が高くなります。入店する際には契約書の控えをちゃんと保管した上で労働省に相談してみましょう。

悪い風俗店では偽った契約書で風俗嬢からお金を騙し取って捕まるケースもあります。

普通に働けば問題ない

風俗嬢が社会的モラルを守った上で働けば、ペナルティを課せられる事もありませんし、お金を貰う以上は遅刻・無断欠勤は絶対してはいけません。

これは会社いっても一緒ですね。遅刻・無断欠勤をする人なんて信用出来ません。

罰金制度をなくす事は難しいかもしれませんが、風俗嬢という職業を信用してもらえるようになればもしかしたら罰金制度がなくなるかもしれません。

ふつうに働いていれば問題ない。

それが罰金制度理論です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る