看板娘理論

kanbanmusumeriron

風俗店は単に働いているだけの収入だけではなくメディア手当てを出してくれる店舗があります。

お店に信用される風俗嬢になる

風俗メディアに出演する女の子にはボーナス手当てがある

風俗店は風俗情報誌・ネットメディアにお店を広告する事でお客さんの流入を稼げます。

しかし、広告に出すからには当店自慢の女の子を出演させる事でグッと効果は見込めるようになります。
例えば、風俗の広告バナーを設置するとします。【新橋の風俗店なら〇〇がお勧め!】と文字だけ書かれている画像より、スタイル・ルックスが万全なセクシー女性とセットにした画像の方がクリック率が見込めます。

大手風俗店のバナーを参考にすると良いでしょう。看板娘をアピールすることで、「この女の子の性サービスを受けたい!」と来てくれるお客さんがいるかもしれません。それではどうしたらお店の看板娘になれるのでしょうか?

お店に信用される風俗嬢になる

お店に信用される風俗嬢になる

働く風俗嬢からすると看板娘になるためには指名率が大事なのではないか思われる事があります。確かに指名率も関わってきますが、大事なのは経営者に信用される事です。

長い年月在籍している事は勿論、顔出し出来る子が有利です。広告に出す際に女の子の顔が手やモザイクで隠されていたら、お客さんからすると見栄えがよくありません。さらに女の子を看板娘と出したとしてもその女の子の出勤日数が少なかったら意味がありませんね。広告の女の子を目当てで来客されたとしてもその子が出勤していなかったらお客さんは帰ってしまうかもしれません。

▼ポイントは5つ
  • 出勤日数が多い
  • 在籍期間が長い
  • 指名率が高い
  • 店長から信頼される
  • 広告・グラビアなどで顔出し出来る

上記の条件が一致していれば、経営者から看板娘になってくれと言われる確率が上がります。

メディアに露出する事でグラビア料として追加ボーナスが貰える事もありますし、風俗情報サイトを見たユーザーが看板娘を求めて来客されますので指名率もあがるので一石二鳥です。

風俗嬢は接待サービスですので如何に人気が出るか鍵になります。人気が出るほど給料にも影響してきますので年収1000万円を超える風俗嬢も夢ではありません。


風俗店とお客様ニーズにあった自慢の風俗嬢は夜の業界の宝物

それが看板娘理論です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る