お水嬢と風俗嬢の違いについて

omizu

風俗に馴染みがない方からすればお水嬢と風俗嬢は混同することが多いですが、実際には全く異なった存在と断言できます。
もちろん両者ともお客様を楽しませ、その報酬にお金を頂くという結果は同じです。
しかし楽しませた後に満足させるまでの過程は明確な相違点があり、この両者を一緒くたにすることはできません。
お水嬢は主に会話を楽しむことを目的とした方の相手を行い、お酒を飲みながら雑談や仕事の会話でお客様を楽しませます。
その際に体の一部をお客様に敢えてちらっと見せる、あるいはエッチな話を雑談に盛り込む等のテクニックを使用します。
そしてお客様に自分に気があると思い込ませ、次回も自分を指名してくれるように仕向けます。
ただしお水嬢の体に触れることは禁止されているため、店内で風俗店のような空気になることは一切ありません。
一方、風俗嬢は男性であるお客様に性的なサービスを提供して楽しんでもらうことが目的です。
性的なサービスと言っても比較的軽い内容であり、口や手を使ってお客様を満足させてくれます。
店によっては様々なコンセプトの女の子を集めており,自分の好みのタイプを見付けやすいのが風俗嬢です。
また、お水嬢は基本的にドレスで接客を行いますが、風俗嬢は追加料金を支払えばお客様の好みに合わせて衣装を変更してくれます。
簡潔にまとめると両者の違いは会話、あるいは性的なサービスでお客様を満足させる内容となっています。
どちらが満足度が高いかはお客様次第ですが、どちらにもメリットはあるため一概に優劣を付けることはできません。
経済的に余裕があるのであればお水嬢と会話を楽しんだ後、風俗嬢に性的サービスを行って楽しむ流れが非常にお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る