格安理論

kakuyasuriron

なぜ格安?風俗店の営業事情

風俗のサービスは60分2万円~3万円が一般的な相場です

しかし、風俗情報サイトなどで価格を比較してみると相場をはるかに下回るような格安店が見つかります。風俗店だって風俗嬢に高い給料を支払わないといけないのにどうして60分1万円など安くする事が出来るのでしょうか?

それには理由があり、安くしなければならない実態があるからです。

1つの街に風俗店が1店舗しかなければ、多少高い相場でも顧客は沢山入るでしょうが、競合店がいるからこそ客の流入が他に流れてしまい、結果お店を営業していてもなかなかお客さんが来なくても儲からないって事になります。

経営者側からするとお客さんが来ない理由を考えてみて、まず顧客の入りが悪い原因としては

  • お店の宣伝が出来ていない。
  • 風俗嬢の質が悪い
  • 金額が高い

上記の理由が一般的に挙げられるケースです。原因を改善していかなければならないですが、最も簡単に改善出来る事は「値下げ」です。

顧客の入りが悪いのなら、お金をあまり持っていない層をターゲットに絞り、風俗店の標準的を大きく下回る格安ブランド店として営業していけば良いのです。

可愛くてスタイルの良い風俗嬢などを求める客層は高いお金を支払っても遊びたい人ですが、多少ブサイクな女性でもいいから性サービスを受けたいと思っている男性の為に格安を売りにすればどうでしょうか?

成人男性でもお金をあまり持っていない大学生や新社会人には格安風俗店は大人気です。

格安店で働いている風俗嬢の思考

格安を売りにしている風俗店で働くと言うことは風俗嬢からしてみても女のプライドに反すると思ってしまう子もいるでしょうが、それには納得しないといけない理由があります。

男性客は女性に求める理想があります。「美顔」・「スタイル」・「若さ」外見の偏見は性別が逆でもありますね。性サービスを受けるのだから美女にしてもらいたいと誰もが思います。

そこで質問です。

貴女は他の女性に負けないぐらいの魅力はありますか?

風俗店が横に立ち並んでいて、フォトギャラリーだけを使った営業方法を取ったとします。A店には20人入りましたがB店には9人しか入りませんでした。この差異は男性客がフォトギャラリーを見て自分のタイプの子がB店よりA店にいたから入店した事になりますね。

しかし、B店がA店より価格を大きく下げたらどうなるでしょうか?

女性の質よりも価格を気にしている男性であればB店が有利誘導出来る事でしょう。

お店が稼働しなければ在籍している風俗嬢に仕事を与える事も出来ませんし、給料だって入らなくなります。

ですから、格安を売りにしているだけで働ける場所が出来る事をありがたく思いましょう。

格安を売りにしている風俗店は多少ルックスが悪い女の子でも稼働させれるからこそ、女の子も顧客も集まる事が出来ます。

格安の魅力は顧客に嬉しい価格で性サービスを受けさせる事が出来る。

それが格安理論です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る